石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

良品計画(7453) 国際会計基準(IFRS)の導入を延期

実例

良品計画が、国際会計基準IFRS)の導入を延期することを発表しました。

19年4月に、良品計画は22年からIFRSを適用する予定であることを公表しました。それに向けて、良品計画は海外拠点の決算時期や会計方針を統一してきましたが、その結果、経営効率が十分に高まりました。

そのため、IFRS導入の効果につき、再度見直すこととしました。

国際会計基準(IFRS)の任意適用延期に関するお知らせ 

注目点

良品計画IFRS導入に向け試行錯誤した結果、グループ全体の決算情報は以前よりもレベルが高い物になりました。なので、そこであえてIFRSを導入せずとも、今の日本会計基準で十分事足りる、と判断したようです。IFRS導入の努力は、彼らにとって、決して無駄ではありませんでした。

海外子会社管理にお困りなら

f:id:uscpaoffice:20210409161640p:plain