石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

国際協力銀行発表 20年度の海外売上高比率は35.8%

実例

国際協力銀行が日本企業515社に対して21年5月に行ったアンケートによると、2020年度の海外売上高比率は35.8%(21年度36.3%見込み)で、新型コロナ感染拡大の影響を受けました。一方、海外事業を中期的に「強化・拡大」すると回答した企業は63.7%で昨年度を若干上回りました。

「わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告」

注目点

コロナ禍で海外展開が一時的に弱まったものの、まだまだ海外進出の熱は冷めていないようです。

海外子会社管理にお困りなら

f:id:uscpaoffice:20210409161640p:plain