石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

レスターHD(3156) 海外子会社がコンプライアンス違反の疑い

実例

スターホールディングスの海外子会社の取引にコンプライアンス違反の疑いが判明しました。内容は「逸失利益」とのことでが、詳細は現時点では開示されていません。

この調査が理由により、22年6月末開催予定の定時株主総会において決算報告ができないため、決算のみ後日報告する予定です。

特別調査委員会の設置及び第13期定時株主総会の継続会の開催方針に関するお知らせ

注目点

逸失利益とは「事故にあわなければ得られたであろう利益」ですが、それが本件とどう具体的に関係するのか今後の調査結果で明らかとなります。本件海外子会社は売上が連結の1%未満であり会計上の重要性は低いため、本件による金額被害規模も小さいと推測されます。それにもかかわらず連結決算が締まらないということは、背景になんらかの犯罪が絡んでいる可能性があります。

海外子会社管理にお困りなら

f:id:uscpaoffice:20210409161640p:plain