石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

国際紙パルプ商事(9274) 持株会社体制へ再編

f:id:uscpaoffice:20211023103135p:plain

実例

国際紙パルプ商事は、来年10月を目途に持株会社へ再編すると決議しました。

外市場売上を拡大している中、グローバル・ガバナンスの強化、ポートフォリオ改革および新規事業、サステナビリティ・マネジメントの推進の拡大を目的としています。

本社を持株会社に再編後、その下に各地域の統括会社を保有します。

持株会社体制への移行の検討開始に関するお知らせ

注目点

国際紙パルプ商事は、中国とインドの子会社を直接保有しています。

これら株式をこの度新設するアジア統括会社へ現物出資で譲渡する場合、日本では適格現物出資で非課税ですが、中国とインドにはそのようなルールは当てはまらず、株式譲渡益が発生する場合それらの国で課税されますので、譲渡前に株式価値算定を行い、譲渡損益の額を正しく把握する必要がありますので、注意が必要です。

海外子会社管理にお困りなら

f:id:uscpaoffice:20210409161640p:plain