石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

日本ペイントHD(4612) 海外子会社をWuthelamへ売却

f:id:uscpaoffice:20210811201554j:plain

実例

日本ペイントホールディングスは、インド子会社2社とドイツ子会社の計3社をWuthelam グループへ186億円で売却することを決定しました。

理由は短期的にそれら子会社の事業が不調であるためです。

しかし中長期を見込んでの体制強化やプロモーション等の施策立て直しが成功する場合を想定し、3社を再び買い戻す権利(コールオプション)を契約に織り込んでいます。

連結子会社の異動を伴う株式の譲渡に関するお知らせ

注目点

コールオプションとは株式を買う権利のことで、日本ペイントは今回の売却子会社を買い戻したいときにいつでも買うことができます。この逆をプットオプションといい、この契約がある場合は売主はいつでも株を売ることができます。

海外子会社管理にお困りなら

f:id:uscpaoffice:20210409161640p:plain