石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

ユニバーサルエンターテインメント(6425) 米国市場へ上場検討開始

f:id:uscpaoffice:20210212200955j:plain

実例

ユニバーサルエンターテインメントは、フィリピンのカジノ事業を、米国NASDAQ市場もしくはNY証券取引所上場させる方針を決定しました。

SPAC(特別買収目的会社)のスキームにより上場する予定です。

統合型リゾート(IR)事業の米国証券取引所への上場検討について

注目点

SPACとはアメリカで上場することを目的として利用されるペーパー会社です。まずは多額の資金が注入されたペーパーカンパニー(SPAC)を上場させ、その後そのSPACが対象会社(本件では当該カジノ事業)を買収し、その対象会社とSPACが合併します。それにより結果として対象会社が上場する、という仕組みです。

主に、IPOまでのコンプライアンス整備やコストを避けるために、この方法が採用されており、近年件数が増加しています。

海外子会社管理にお困りなら

f:id:uscpaoffice:20210409161640p:plain