石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

ブロードバンドタワー(3776) 米国子会社を解散

f:id:uscpaoffice:20201127210436j:plain

実例

データセンター事業のブロードバンドタワーは、米国子会社であるBBTOWER SAN DIEGO INC.を解散することとしました。

現在事業活動の休止状態が続いているものの、管理コストが継続的に発生しているためです。

米国子会社の直近19年12月期の売上はゼロ、当期純利益△4200万円、純資産1憶4800万円相当です。

注目ポイント

米国子会社の資本金が2億円弱なので、現在は利益剰余金がマイナスの状態と思われます。この状態で日本本社へ清算分配する場合、分配金は日本では税法上資本の払戻扱いとして扱われ、譲渡損失が発生すると思います。

一方アメリカ側では、アメリカ税法上、清算配当時には、清算会社が株式を買い戻したしたかのような処理をしますので、日本への清算分配金は配当とはみなされません。従って、アメリカ側で配当に係わる源泉税の申告は不要です。

参照

連結子会社の解散に関するお知らせ

 

国際税務に関するご相談はお気軽にどうぞ。

f:id:uscpaoffice:20200727185946p:plain