石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

朝日放送グループHD(9405) 米国投資先事業停止で評価損26億円の可能性

f:id:uscpaoffice:20201022155925j:plain

実例

朝日放送グループホールディングスは、アメリカ子会社Pegasus Tech Ventures Company Ⅲ, L.P.(ファンド)を通じ出資しているQUIBI Holdings, LLCによる事業停止を発表しました。

それに伴い出資額26億円の評価損の可能性が発生しました。

当社特定子会社ペガサスファンドの QUIBI Holdings, LLC への出資に係る評価損の可能性に関するお知らせ

注目点

今年3月にQUIBI社への投資を発表したばかりですが、わずか半年で事業停止になりました。当初は31億円を投資したようですので、わずか半年で朝日放送の投資額の内26億円を使い切り結局5億円しか残らなかったということでしょうか。もしそうであれば、事業が全く予想通りにいかなかった、もしくはQUIBI社社員による金銭横領の可能性も少なからずとも考えられます。海外投資の難しさがよくわかる一例とも言えます。

海外子会社管理にお困りなら

f:id:uscpaoffice:20210409161640p:plain