石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

アステラス製薬(4503) 米国医療機器企業を買収134億円

f:id:uscpaoffice:20201015123504j:plain

実例

アステラス製薬アメリカ子会社を通し、米国医療機器企業iota Biosciences, Inc.を買収し完全子会社化することに合意しました。

買収額は1.3百万ドルが基本金額で、一定期間内に特定の基準を達成した場合、総額1.8百万ドルを上限として追加に支払います。

注目ポイント

買収先が買収後に営業利益など特定の基準を達成した場合に、買収側が追加で買収金を支払うことをアーンアウト(Earn out)と呼びます。企業買収時は買収先が将来どうなるかは正確にはわからないため、将来予定通りに業績が達成すれば買収金を随時支払うという契約です。

例えば、基準の営業利益が年間1億円だとした場合、1.5億円を達成すれば、0.5億円を追加の買収額として支払います。そのアーンアウト期間を、契約上5年間行います。そうすることで、企業を無駄に高く買うことを避けることができます。

参照

米国 iota 社買収に関する契約締結

 

海外M&Aに関するご相談はお気軽にどうぞ。

f:id:uscpaoffice:20200727185946p:plain