石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

日清(2897) シンガポールからタイへアジア統括機能を移管

f:id:uscpaoffice:20201007182037j:plain

実例

日清食品ホールディングスは、シンガポール子会社であるNISSIN FOODS ASIA PTE, LTD.が保有するタイ孫会社以外の全ての株式を、タイ孫会社へ現物出資することとしました。

本出資により、アジア統括機能をタイへ移管します。

注目ポイント

東南アジアの統括拠点の候補としてシンガポール、タイ、マレーシアが挙げられます。しかしコスト面でシンガポールにはデメリットがあります。そのため、JETROによると、他国への機能移転を検討している日系企業の内、タイに移管することを検討している会社が7割を占めるとのことです。

参照

連結子会社からの現物出資(増資)に伴う孫会社の特定子会社化に関するお知らせ

 

海外再編に関するご相談はお気軽にどうぞ。

f:id:uscpaoffice:20200727185946p:plain