石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

岩崎通信機(6704) ドイツに合弁設立

f:id:uscpaoffice:20200831120454j:plain

実例

電機メーカーの岩崎通信機は、ドイツに合弁会社IWATSU TEST INSTRUMENTS EUROPE GmbHを設立しました。 欧州の販売強化が目的です。

持分は岩崎14.9%、合弁相手のHeimann Industries AGが85.1%です。

注目ポイント

会計基準では、持分が20%未満の場合、持分法対象外ですが、実務上は15%未満でなければなりません。岩崎は合弁の持分を、おそらく意図的に15%未満にすることで、持分法の適用から外し、投資有価証券扱いとしました。

これにより、合弁の業績は、親会社の決算には影響がありません。

参照

合弁会社の設立に関するお知らせ

 

海外進出に関するご相談はお気軽にどうぞ。

f:id:uscpaoffice:20200727185946p:plain