石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

レナウン(3606) 売掛金回収不可で民事再生手続き

f:id:uscpaoffice:20200618212422j:plain

実例

レナウンは、親会社の山東如意科技集団の子会社である恒成国際発展との間で発生した売上に対する売掛金53億円の回収が不可能となった結果、この度現金不足に陥りました。

さらに新型コロナが追い打ちをかけ、最終的に民事再生手続に至りました。

レナウン負債総額は138億円です。直前19年12月度の業績は売上502億円、当期純利益△67億円、純資産153億円でした。

注目ポイント

レナウンは10年に山東如意に買収され、18年には黒字でしたが、それ以降赤字が続いていました。今回の民事再生前の株主総会において、会長の北畑氏は取締役会長から退き、親会社トップの邱氏が代わりに任命されました。民事再生後も店舗は運営するようです。

山東如意はレナウンの親会社ですが、恒成国際発展はレナウンと直接資本関係がないので関係会社と呼びます。似た言葉で関連会社というのがあり、20%以上50%未満の支配下に置いた会社を指します。

参照

民事再生手続開始等に関するお知らせ

 

海外撤退に関するご相談はお気軽にどうぞ。

f:id:uscpaoffice:20200727185946p:plain