石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

京セラ(6971) タックスヘイブン14億円申告漏れ

f:id:uscpaoffice:20200618213058j:plain

実例

京セラのシンガポール子会社が、税務調査によりペーパーカンパニーと判断されたため、所得の申告漏れ14億円と、追徴課税3億円が指摘されました。

注目ポイント

一定の基準を満たさないと日本と合算して課税することになり、これを外国子会社合算税制タックス・ヘイブン対策税制)といいます。基準は下記です。

  • 事業基準:事業目的が株の保有やIP提供でない
  • 実体基準:オフィスがある
  • 管理支配基準:運営している
  • 所在地国基準:その地域で事業を行っている

参照

 国際税務に関するご相談はお気軽にどうぞ。

f:id:uscpaoffice:20200727185946p:plain