石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

カシオ計算機(6952) 欧州子会社で7億円横領

f:id:uscpaoffice:20200618213327j:plain

実例

カシオ計算機のヨーロッパ子会社で、現地社員による横領がありました。会社の経費として、自分の口座に振り込んでいました。15年間で7億円の被害です。

注目ポイント

職務分掌せず承認」と「記帳」と「出納」が同じ担当者だと、このような長期間の横領が発生します。そのため、職務分掌は必ず行うべき内部統制のひとつです。

参照

海外内部監査に関するご相談はお気軽にどうぞ。

f:id:uscpaoffice:20200727185946p:plain