石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

大豊工業(6470) アメリカ子会社が5億円棚卸記録改ざん

f:id:uscpaoffice:20200618212559j:plain

実例

自動車部品メーカー大豊工業のアメリカ子会社であるタイホウコーポレーションオブアメリカにおいて、2015 年から2018 年までの期末棚卸資産の不適切な会計処理により3年間で合計5億円売上原価を実際より低く計上していることが判明しました。アメリカ子会社は実地棚卸を毎月末行っていましたが、財務諸表上の数字と合わないため、子会社経理マネージャーが実地棚卸金額を調整することで辻褄を合わせていました。

注目ポイント

売上原価=期首在庫+仕入れ-期末在庫ですので、期末在庫が多ければその分売上原価が減ります。今回のケースでは棚卸結果を高く改ざんし費用を低く計上ていました。

参照

特別調査委員会の調査報告書受領に関するお知らせ

 

海外内部監査に関するご相談はお気軽にどうぞ。

f:id:uscpaoffice:20200727185946p:plain