石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

海外子会社管理とは?

f:id:uscpaoffice:20200822151553p:plain

攻め、守り、撤退

「海外子会社」は会社法上正式には「外国子会社」と呼ばれます。会社法の定義である会社(株式会社等-第2条第2号)、子会社(会社に支配された会社-第2条第3号)、外国会社(外国の法令に従い設立された法人-第2条第4号)の3つを組み合わせた言葉です。つまり日本に本社がある海外の日系企業を指します。そのため日本にある外資系企業は会社法上は外国に本社がある日本の法令に従った子会社ですので、海外子会社ではありません。

一方「管理」は定義が曖昧で、会計、税務、法務、人事、総務といった会社のバックオフィス機能を指すこともあれば、マネジメントを意味する場合もあります。しかし海外子会社にはそれぞれ管理部門の社員がおりますし、また海外子会社の社員は海外子会社の経営者にマネジメントされます。

では「海外子会社管理」とは一般的に何を行う機能なのでしょうか?

実際は日本本社において、海外事業の攻め、守り、撤退の一連を企画し実行します。例えば攻めのとして海外進出方法を検討したり、守りとして設立された海外子会社の財務・ガバナンス管理を行ったり、撤退として投資回収方法を検討します。

しかし語学や法律が異なるなど、日本で積んだ経験が海外子会社管理の実務では役に立たない場合が多くあります。そのような場合当事務所がお手伝いいたします。

f:id:uscpaoffice:20200822152513p:plain

海外子会社管理にお困りなら

f:id:uscpaoffice:20210409161640p:plain