石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

海外投資

バリュエンス(9270) 海外4か国に買取店舗オープン

実例 なんぼや等を運営するバリュエンスグループが、香港、シンガポール、タイ、アメリカにブランド買取店舗をオープンすることを発表しました。 バリュエンスは19年7月の香港進出を皮切りに、海外への出店を強化しています。今後も海外展開を継続するこ…

国際協力銀行発表 今後進出したい国一位は中国

実例 国際協力銀行の21年5月の日本企業に対するアンケートによると、日本企業が中長期的に展開したい国の一位は中国、二位はインド、三位はアメリカでした。アメリカは前年から順位を一つ上げ、ベトナムを抜きました。 「わが国製造業企業の海外事業展開に関…

国際協力銀行発表 20年度の海外売上高比率は35.8%

実例 国際協力銀行が日本企業515社に対して21年5月に行ったアンケートによると、2020年度の海外売上高比率は35.8%(21年度36.3%見込み)で、新型コロナ感染拡大の影響を受けました。一方、海外事業を中期的に「強化・拡大」すると回答した企業は63.7%で昨…

ROEとはなにか?ROICとの違いは?

ROEとROICに関するYoutube動画を作成しましたのでご覧ください。

加藤産業(9869) マレーシアに地域統括会社設置

実例 加藤産業は、マレーシアに地域統括会社を設置するために、既存の会社 TBD CONSULTANT SDN.BHD.を買収しました。 統括会社設置の目的は、加藤産業がマレーシアにて現在運営中の子会社2社の管理業務を、統括会社で一元化するためです。 加藤産業は、海外…

曙ブレーキ工業(7238) インドネシア子会社で火災発生

実例 曙ブレーキ工業のインドネシア子会社PT. Akebono Brake Astra Indonesiaの工場で、7月21日に火災が発生しました。 自動車用ディスクブレーキのメッキ塗装ラインから火が発生し、火災の原因は不明です。 注目点 被害規模が確定次第、損失計上がなされ…

JSP(7942) 韓国子会社火災の被害額が判明

実例 先日火事があったJSPの韓国子会社KOSPA株式会社の火災被害額は127百万円と判明しました。 工場の主要建屋と生産設備がほぼ全焼し、棚卸資産の一部が焼失しました。人的被害はありません。調査の結果出火原因は不明です。 資産焼失額127百万円…

丸一鋼管(5463) 中期経営計画発表

実例 丸一鋼管は中期経営計画を発表し、24年3月期の目標売上を2000億円(内、海外700億円)、営業利益260億円(内、海外65億円)と定めました。 海外事業は営業利益率目標を9.3%とし、現地人材の育成や海外M&Aを継続するとのことです。 日…

JSP(7942) 韓国子会社で火災

実例 発泡製品事業のJSPの韓国子会社であるKOSPA株式会社の工場で火災が発生しました。 人的被害はなく、物的被害と原因は現在精査中です。 連結への影響についても、判明次第公表します。 海外グループ会社工場(韓国陰城)での火災に関するお詫びとお知…

ファインデックス(3649) シンガポール企業へ出資

実例 医療システムメーカーのファインデックスは、シンガポール企業のDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.に対し、転換社債への出資を決定しました。 今後Digital社が第三者割当増資を実施した際、その転換社債が自動的に優先株式に変換されます。その時…

スシロー(3563) 中国広州に回転寿司会社設立

実例 スシローグローバルホールディングスは、先日設立した寿司郎(中国)投資有限公司が、広州寿司郎餐饮有限公司(仮称) 設立を決定しました。これにより、中国の拡大する回転寿司市場を取り込みます。 設立は来年1月、合計出資額は10億円です。 注目ポイ…

ヒビノ(2469) 香港子会社がオフィス移転

実例 音響のヒビノの香港子会社であるHibino Asia Pacific Limitedは、11月より本社所在地を変更いたします。 注目ポイント 現住所の紅磡から荃湾へ引越します。ヒビノは今期業績が赤字のため、コスト削減のために中心街から近く賃料が高い紅磡を引き払うの…

多摩川HD(6838) 台湾企業へ出資3,600万円

実例 通信機器の多摩川ホールディングスは、台湾企業のTMY Technology Inc.に出資することとしました。台湾の5G市場の推進強化のためです。 出資額は3600万円、持分は1%未満です。 なお、本出資は、台湾経済部投資審議委員会による外国人投資許可を既…

マツモトキヨシ(3088) 香港子会社の代表取締役が異動

実例 マツモトキヨシの香港子会社Matsumoto Kiyoshi (HK) Co., Limitedの代表取締役が異動となり、加藤氏が新任となりました。 注目ポイント 香港の会社法には、日本のような、代表取締役という特別な法的地位はなく、取締役は全員同じ権限を持ちます。従っ…

ダントーHD(5337) アメリカ子会社が現地LLCへ出資21億円

実例 ダントーホールディングスのアメリカ子会社であるDanto USA Inc.は、現地企業のKaloko Residential Park LLC(ハワイ州)と資本提携を行うことを決定しました。 Kaloko社はハワイにて3年後の販売に向けて現在住宅開発をしており、10年間で販売総額2…

アイザワ証券(8708) ベトナム子会社の増資受入6億円

実例 藍澤證券は、ベトナム子会社であるJAPAN SECURITIES INCORPORATEDによる、6億円増資引受けを決定しました。 これにより、ベトナム子会社の資本金が本社資本金の10%を超えたため、ベトナム子会社が特定子会社となりました。 注目ポイント 本件ベトナ…

鴻池運輸(9025) インド子会社が人事異動

実例 鴻池運輸のインド子会社KONOIKE ASIA(INDIA) PVT. LTD.の取締役である徳重氏が、この度代表取締役へ人事異動となりました。 注目ポイント 日本で言うところの代表取締役と似た権限の役職を、インドではManaging director(MD)と呼びます。なお、MD選出…

モノタロウ(3064) インド企業へ出資

実例 Monotaroは、インドの工業用間接資材販売事業者であるEmtex Engineering Private LimitedのE-Commerce事業へ、株式と転換社債により出資することを決定しました。 Emtex社が持つ子会社へ計15億円出資し、結果として株式の50%以上を取得することに…

くら寿司(2695) 台湾子会社が証券取引場へ上場

実例 くら寿司の台湾子会社である亞洲藏壽司股份有限公司は、この度20年9月17日に、Taipei Exchange(證券櫃檯買賣中心)に上場しました。 注目ポイント くら寿司は、海外に、アメリカ子会社と本件台湾子会社の2社しか子会社がありません。それぞれの…

サニーサイドアップグループ(2180) ハワイ飲食店の臨時休業実施

実例 サニーサイドアップグループの、アメリカ⼦会社bills waikiki LLCが運営する、シドニー発のオールデイダイニング「bills」のハワイ店(bills Waikiki)は、新型コロナウィルスによるハワイ州ホノルル群の外出禁⽌令の期間が9月23日まで延⻑されたた…

ユニバーサルエンターテインメント(6425) フィリピンカジノ一部営業再開

実例 パチンコ機製造のユニバーサルエンターテインメントの、フィリピン子会社Tiger Resort Leisure and Entertainment, Inc.が所有するオカダ・マニラが、この度営業再開となりました。 フィリピンカジノ運営公社PAGCORが、今年3月に事業停止命令を下して…

フロイント産業(6312) アメリカ子会社が暴風雨被害

実例 製薬会社向けに造粒・コーティング装置を製造する、フロイント産業のアメリカ子会社FREUND-VECTOR CORPORATIONは、米国中西部の暴風雨 Derecho(デレーチョ)により被災し、現在操業を一時停止しています。 従業員への人的被害はありませんが、浸水破損…

ユニ・チャーム(8113) インド子会社火災で被害額161億円

参照 先日のユニ・チャームインド子会社の火事ですが、被害額は合計161億円と判明し、連結上費用として計上しました。 被害内訳は工場の建物、設備等の有形固定資産132億円、棚卸資産19億円、その他関連費用9億円です。 なお、この火災による保険金…

淀川製鉄所(5451) 中国子会社を60億円個別減損

実例 淀川製鉄所は、21年3月期第1四半期個別決算において、中国子会社の関係会社株式評価損を計上しました。 中国子会社の淀川盛餘(合肥)高科技鋼板有限公司の累積的な損失に伴い、純資産価値が低下したため、出資金に対し60億 64百万円の関係会社…

淀川製鉄所(5451) 中国子会社が洪水により停電

実例 淀川製鉄所の中国子会社である淀川盛餘(合肥)高科技鋼板有限公司は、豪雨洪水により停電が発生しております。 しかし現在は、非常用発電設備を用いて一部生産設備の稼働および出荷業務を再開しています。 なお洪水による人的・物的被害はありません。 …

REVOLUTION(8894) アメリカIR企業へ投資

実例 不動産のREVOLUTIONは、投資事業の一環として、アメリカのSCRIPTS Asia Inc.の第三者割当による優先株式を引き受けることとしました。 投資額は1千万円です。 SCRIPTS社は上場企業向けIR支援の会社で、この投資が、REVOLUTION社の中長期的な資産価値を…

ユニ・チャーム(8113) 好調のインド子会社が火災

実例 ユニ・チャームのインド子会社であるUnicharm India Private Ltd.の工場で、20年6月24日の現地時間午前8時45分頃に火災が発生しました。 原因は調査中で、人的被害はありません。連結への影響が重大であれば公表するとのことです。 注目ポイン…

メニコン(7780) 海外子会社取締役へストックオプション発行

実例 メニコンは、海外売上高の向上のために、海外子会社の取締役4名に対して、69個のストック・オプションを発行することとしました。 オプション一個に対しメニコン100株が割り当てられ、行使価格は一株当たり1円です。行使期間は22年8月から5…

HIS(9603) ウズベキスタン子会社増資 ホテル建設予定

実例 エイチ・アイ・エスは、ウズベキスタン子会社であるHHH CENTRALASIA FE LLCを、22.8億円増資することとしました。 理由は、ウズベキスタン共和国タシケント市の新築ホテルの建設のためです。 注目ポイント 既存の旅行業行の方程式に基づいた投資と思…

朝日インテック(7747) コロナ禍の中徐々にセブ工場再開

実例 医療機器製造の朝日インテックのフィリピン子会社TOYOFLEX CEBU CORPORATION(セブ工場)は、政府によるコロナ禍における外出禁止令が20年6月30日までと発表されている中、この度、特別操業許可取得要件としてのソーシャルディスタンスを守ること…