石井米国公認会計士事務所

海外子会社管理をお手伝いします

海外再編

大幸薬品(4574) 日本に海外統括会社設立

実例 大幸薬品は、国内とトルコに子会社を設立することを決議しました。 理由は、現在展開している台湾・中国以外の地域での事業の拡大です。 国内に新設する大幸薬品インターナショナル株式会社は、欧州・中東・中南米等の新規開拓地域の統括機能を持たせ、…

パイオラックス(5988) 統括機能により中国事業再編

実例 ばね製造のパイオラックスは、中国子会社の上海百奥来仕貿易有限公司に対し、事業統括機能を加えることとしました。 これに伴い社名を百奥来仕(中国)投資有限公司へと変更します。 理由は、既存の中国子会社をまとめ、効率的な活動を実施するためです…

日精樹脂工業(6293) 米国子会社を合併により再編

実例 プラスチック射出成形機の日精樹脂工業は、米国子会社であるNISSEI AMERICA, INC.(存続会社)とNISSEI PLASTIC MACHINERY AMERICA INC.(消滅会社)の2社を今年7月に合併することとしました。 理由は、経営管理体制を一元化し、経営の効率化を図るた…

今仙電機製作所(7266) 米国子会社が90億円DESと76億円減資

実例 自動車部品メーカーの今仙電機製作所は、アメリカ子会社Imasen Bucyrus Technology Inc.に対する貸付金90億円をデット・エクイティ・スワップ(DES)し、その後76億円減資することとしました。 債務の削減および財務内容の改善が目的です。 注目ポ…

理想科学工業(6413) 中国子会社を構造改革

実例 プリンター・印刷機の理想科学工業は、中国子会社である理想(中国)科学工業有限公司の構造改革実施を決定しました。 目的は利益体質の強化です。組織の再編とスリム化を実施します。 これに伴う費用として、今期に特別損失約13億円の計上を見込んで…

T&K TOKA(4636) 中国合弁会社の上場承認

実例 インキメーカーのT&K TOKAの中国持分法適用関連会社の杭華油墨股份有限公司は、中国上海の科創板市場(スター・マーケット)への新規上場が承認されました。 上場日程は未定です。 T&K TOKAによる議決権の所有割合は44.67%です。 注目ポイント 杭華…

山喜(3598) 中国子会社の生産事業を再編

実例 シャツ製造の山喜は、中国子会社の上海山喜服装有限公司の生産事業を、同じく中国子会社の塩城山喜服装有限公司に移管する(事業譲渡)することとしました。 上海の人件費高騰により、よりコストの低い別の地域に事業を移すためです。 移管後は生産管理…

参天製薬(4536) 中国に統括会社設立

実例 参天製薬は、中国上海市に中国統括会社の参天(中国)投資有限公司を設立しました。 中国への今後の継続的な投資と、中国管理統括機能の強化が目的です。 既存の中国関係会社3社を管理します。 注目ポイント 参天製薬はこれまで、中国で得た利益を中国…

ブイキューブ(3681) シンガポール子会社が22億円の株式を現物分配

実例 ウェブ会議サービスのブイキューブのシンガポール子会社である V-cube Global Services Pte. Ltd.は、保有するWizlearn Technologies Pte. Ltd.の株式を、親会社ブイキューブへ現物分配することとしました。 分配する原資は資本金(有償減資)で、額は…

ナカニシ(7716) アメリカに持株会社設立

実例 歯科医療機器製造販売のナカニシは、米国に子会社NSK America Holdings inc.を設立することとしました。 目的は、デンタルチェアーメーカーのDCI International, LLCへの投資です。 注目ポイント ナカニシは、本件米国持株子会社の設立発表と同時に、DC…

タダノ(6359) ドイツ子会社の事業再生手続き開始

実例 タダノのドイツ子会社Tadano Demag GmbHとTadano Faun GmbHは、ドイツ法に基づく事業再生手続きを裁判所へ申請しました。 19年7月にDemagブランドのクレーン事業を買収しましたが、新型コロナの影響により黒字化遅延が見込まれていました。 タダノ本…

日清(2897) シンガポールからタイへアジア統括機能を移管

実例 日清食品ホールディングスは、シンガポール子会社であるNISSIN FOODS ASIA PTE, LTD.が保有するタイ孫会社以外の全ての株式を、タイ孫会社へ現物出資することとしました。 本出資により、アジア統括機能をタイへ移管します。 注目ポイント 東南アジアの…

サンケン電気(6707) アメリカ子会社が上場手続き開始

実例 サンケン電気のアメリカ子会社であるAllegro MicroSystems, Inc.は、アメリカでの株式公開のための登録届出書を米国証券取引委員(SEC)に提出しました。 注目ポイント 本件で提出された目論見書によりますと、アメリカ子会社の20年3月期は売上57…

トランザクション(7818) 青島に支店設立

実例 雑貨事業のトランザクションの中国子会社の上海多来多貿易有限公司は、青島に分公司を開設します。 今後起こりうるコロナ禍のような中国国内移動制限に対応することが目的です。 注目ポイント 分公司とは日本でいう支店のことです。中国では支店の機能…

ユニチカ(3103) ドイツ駐在員事務所を法人化

実例 繊維メーカーのユニチカは、ドイツ駐在員事務所を販売子会社化することとしました。 社名はUNITIKA EUROPE GmbHです。 理由は、欧州市場への販売強化です。 注目ポイント 駐在員事務所は営業活動を行えませんので、営業するには支店化もしくは法人化の…

テイ・エステック(7313) 中国子会社を合併により再編

実例 自動車部品メーカーのテイ・エステックは、浙江省寧波内の中国子会社2社を合併することといたしました。存続会社の社名は「寧波提愛思汽車内飾有限公司」へと変更します。効力発生日は2021年1月1日です。 注目ポイント テイ・エステックは国際会計基準…

くら寿司(2695) 台湾子会社が証券取引場へ上場

実例 くら寿司の台湾子会社である亞洲藏壽司股份有限公司は、この度20年9月17日に、Taipei Exchange(證券櫃檯買賣中心)に上場しました。 注目ポイント くら寿司は、海外に、アメリカ子会社と本件台湾子会社の2社しか子会社がありません。それぞれの…

日本トランスシティ(9310) ラオスに駐在員事務所開設

実例 日本トランスシティは、ラオス・ビエンチャンに駐在員事務所を開設いたしました。 目的は、ASEANサプライチェーンを強化するための物流事情の調査です。 注目ポイント 駐在員事務所は営業活動を行えません。もし行うとPE判定され、現地に法人税を納めな…

nmsホールディングス(2162) タイ+1でラオス事業拡充

参照 nmsホールディングスグループの人材ソリューション事業の日本マニュファクチャリングサービスは、今後の日系企業の「タイ+1(タイプラスワン)」を見込み、既存のラオス子会社の事業を拡充する予定です。 例えば、ラオスの首都の開発区に進出する…

タムラ製作所(6768) 中国子会社事務所を移転

実例 タムラ製作所は、中国子会社の田村電子(深圳)有限公司の事業所を、20年10月に移転することとしました。 事業所付近の地下鉄駅開業に伴う政府からの立ち退き要請によるものです。 なお本移転による既存設備の廃棄や移転費用、リストラによる退職金…

フェローテック(6890) 中国子会社がIPO準備開始

実例 半導体企業のフェローテックホールディングスは、中国子会社の安徽富楽徳科技発展股份有限公司の科創板市場での上場準備に入ることとしました。 中国子会社は現在中国にて順調に事業を展開しています。 上場後も連結子会社の予定です。 中国子会社の直…

テラプローブ(6627) 親会社が台湾子会社へ事業譲渡

実例 半導体テスト事業のテラプローブは、台湾子会社TeraPower Technology Inc.が、テラローブの台湾親会社Powertech Technology Inc.から、ウエハテスト事業を5.3億円で譲り受けることを承認しました。 なおこの取引は利益相反の恐れがあるため、取引の…

小松マテーレ(3580) 中国政府立ち退き要請により新会社設立

実例 合成繊維メーカーの小松マテーレは、中国に子会社を設立することを決定しました。 理由は03年設立の生産工場である小松精練(蘇州)有限公司の立地が中国政府の都市計画に組み入れられたため、立ち退き要請があり解散及び清算するためです。 今後は、…

東京ガス(9531) アメリカ関連会社増資で連結子会社化

実例 東京ガスは、アメリカ子会社の東京ガスアメリカ社が46%出資する米国テキサス州のガス開発・生産事業会社キャッスルトン・リソーシズ社を子会社化すると発表しました。 キャッスルトン社が米国ルイジアナ州のガス田の権益を取得する上で必要な投資額を…

塩野義製薬(4507) 中国大手保険会社と合弁設立

実例 塩野義製薬は、中国大手保険会社の中国平安保険と共に、香港と上海の2拠点に合弁会社を設立することとしました。それぞれ塩野義が51%、平安保険が49%の持分です。 香港に投資機能、知的財産管理、アジア各国への輸出を目的とした合弁会社の平安塩…

ファミリーマート(8028) パン・パシフィックと台湾合弁設立

実例 ファミリーマートは、台湾子会社の全家便利商店股份有限公司の5%株式を、ドン・キホーテを有するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス子会社とファミリーマートが新設する合弁会社に譲渡することとしました。 注目ポイント ファミ…

キトー(6409) オランダ子会社株式を100%取得

実例 機械メーカーのキトーはドイツ子会社Kito Europe GmbH を通じ、非連結子会社のオランダのヴァン・ルースデン社の株式を追加取得し100%子会社としました。 ヴァン社の直近19年12月期の売上は4.5億円相当でした。 注目ポイント 非連結子会社と…

テイ・エステック(7313) インド四輪車事業を別子会社へ譲渡

実例 自動車部品メーカーのテイ・エステックのインド子会社TS TECH SUN INDIA PRIVATE LIMITEDは、四輪車用シート製造事業を、同じくインド子会社TS TECH SUN RAJASTHAN PRIVATE LIMITEDに事業譲渡しました。 理由は、四輪車用シートと二輪車用シート事業を…

住友精化(4008) 上海子会社を統括会社化

実例 化学メーカーの住友精化は、中国子会社の住友精化貿易(上海)有限公司を統括会社化することとしました。 理由は中国における事業の拡大、統括機能の強化および経営効率化を図るためです。 中国統括機能を有する「投資性公司」へ変更するとともに、商号…

ユタカ技研(7229) 中国子会社を合併により再編

実例 自動車部品メーカーのユタカ技研は、中国子会社である佛山市豊富汽配有限公司(存続)と佛山優達佳汽配有限公司(消滅)を合併することとしました。 経営の効率化が目的です。合併日は20年12月です。 注目ポイント ユタカ技研は当該中国子会社を、 ①そ…